聴覚障害者

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2004-09-29 02:43:23

単語の説明help

聴覚障害者(ちょうかくしょうがいしゃ)とは、聴覚に障害をもつ人々。この聴覚障害者には軽度難聴から重度難聴、中途失聴者も含まれる。日本では聴覚障害者として身体障害者手帳を交付されている人は約36万人。しかし実態はそれよりもっと多いといわれている。

聴覚障害者とはいわずに聾者(ろう者)と自分の事を語る人もいる。

人によるが先天性の聴覚障害者の場合発話障害も伴っている場合が多い。 彼らは聾唖(ろうあ)者と自分のことを名乗る場合もある。

かつての日本で制作したテレビドラマは、批判されることなくこの障害を持つ人々を差別用語略称で呼んでいた。現在再放送される場合には、その部分の音声を編集でカットするか、極端な場合には再放送自体が不可能になっているものもある。稀にはその旨の注意書きをテロップで事後に流すということも行われる。

聴覚障害者から耳の聞こえる者を聴者と呼ぶ。視覚障害者と併せて情報障害・コミュニケーション障害といった捉え方をすることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』

キーワード情報help

amazon