中間法人

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2004-10-01 01:22:49

単語の説明help

中間法人(ちゅうかんほうじん)とは、中間法人法(平成13年法律第49号)に基づいて、社員に共通する利益を図ることを目的とし、かつ、剰余金を社員に分配することを目的としない社団法人であって、同法により設立されたものである。同法第二章第一節の規定による有限責任中間法人と、第三章第一節の規定による無限責任中間法人の2つがある。

営利を目的とする株式会社、有限会社、合資会社、合名会社などの法人、公益を目的とする社団法人、財団法人などの法人、特定非営利活動を目的とする特定非営利活動法人などのいずれにも該当せず、かといって個人のままでは運営しにくい場合に設立される。

中間法人法の施行以前は、愛好会、同窓会など、営利を目的としない団体は任意団体としてしか存在できなかったが、そういった団体でも法人格を持てるようになった。任意団体の持つ資産や土地、建物が個人名義のままだと、名義人が死亡した際の相続権の混乱や、名義人が横領する可能性など、多くの問題があった。

有限責任中間法人



設立に際し最低300万円以上の基金を必要とする。基金の拠出者は法人の債務に関して対外的な責任を負わない。

無限責任中間法人



設立に際し最低基金総額の制限は無い。設立の際に社員として登記されたものは無限責任中間法人の債務に対して法人と連帯して債権者に責任を負う事となる。
形態としては合資会社・合名会社の無限責任社員と同等である。

キーワード情報help

amazon