ビオトープ

ディクショナリーヘルプ

[ヘルプ]
辞書機能についての解説です。

単語登録日:2005-01-03 04:16:10

単語の説明help

ビオトープは、バイオトープとも言い、生物の生息環境を意味する生物学の用語であり、また生物・環境教育の文脈では人工的に作られた生態系を指す言葉である。

生物学における用法では、例えばヘイケボタルが生息する典型的な環境をヘイケボタルのビオトープと呼ぶ。そこには、気象条件、地勢や水系の特性、他の生物の生息状況などが含まれる。

また、学校教育の文脈では、の児童、生徒への環境教育の一環で取り入られてきた人為的に再生された自然生態系の観察モデルのことを指す。小中学校の構内に教師と生徒たちによって作られたり、また市民のための公園の一角に作られたりもしている。

自然の水草や水生植物とプランクトン、小さな魚に昆虫の幼虫、昆虫などが、一つながりの生態系、また食物連鎖を維持していること、そこから自然環境の成り立ちとそのシステムを学ばせるため、全国各地に増えつつある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

link日本ビオトープ学会

キーワード情報help

amazon