トップページ > i-Ten-Laboについて > 初歩講座 > 手話講座

聴覚障害者や高齢者に優しく

嵐山、嵯峨商店街 今春から店舗作り

情報登録日:2005-01-15 13:31:09 (yuriko)

最終修正日:2005-02-07 21:17:10 (yuriko)

京都市右京区の嵐山、嵯峨両商店街と京都商工会議所洛西支部は、障害者や高齢者に配慮した店舗作りに乗り出す。

近くのJR嵯峨嵐山駅の全国手話研修センター「コミュニティ嵯峨野」には年間約一万人の聴覚障害者が訪れており、一八日に初めて同センターで開く商店主らの研修会で、障害のある人たちへの理解を深める。
計画によると、研修会で障害者らの要望を学んだ上で、今春から簡単な手話の学習や商品の価格を見やすくする工夫、店舗内のバリアフリー化に向けた点検などを各店に呼びかける。

研修会は、地元商店街の会員らが対象で、関西盲導犬協会と府障害者保険福祉課の担当者を講師に招く。

無料。予約不要。問い合わせは同支部(075)314-8771へ。

京都新聞ニュース 2005年1月15日(土)


関連する情報help

キーワード聴覚障害者 or 高齢者 or 嵐山嵯峨商店街にマッチする情報

関連書籍




コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=175

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >