トップページ > i-Ten-Laboについて > 活動の紹介 > Vメールバックナンバー

2003/08/20

2003/08/20発行分です。

情報登録日:2004-07-18 16:53:53 (ono)

2003/08/20

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
■■■■■■■■→■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■KYOTO■■→     [Kyoto Volunteer Mail]
■V−MaiL■→     京都ボランティアメール Vol.45
■■■■■■■■→■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
▼http://kyoto-v.com/

 みなさんこんにちは。
 京都ボランティアメールをお届けします。

 このメールは、i-Ten-Labo(アイテンラボ)に集まる様々なボランティア情
報を編集したものです。
HPボランティアグループ「i-Ten-Labo(アイテンラボ)」のメンバーが担当し
ています。
 ボランティアによるボランティアのためのボランティア情報メールです。

====Kyoto Volunteer Mail=<もくじ>================================

|■新着情報
| 1.その他地域 夏の国際ボランティアワークキャンプinスリランカ
| 2.京都市全般 京都市障害者授産所 1泊旅行支援
| 3.下京区   祗園祭と近代(講座番号4)
| 4.その他地域 アメリカでNPOキャリア準備プログラムに参加
| 5.京都市全般 手話スクール
| 6.左京区   宿題をいっしょにしようね会[1]
| 7.下京区   江戸時代における京の町人と自治(講座番号3)
| 8. 山科区   障害のある人たちの地域生活支援講座
| 9. 京都市全般 京都国際学生映画祭2003 スタッフ募集
| 10. 京都市全般 国際ボランティアリーダー会 2003年度新会員募集
| 11. 上京区   秋の音楽祭の行事支援
| 12. 北区    北山ハロウィン・フェスティバル2003
| 13. 京都市全般 筋ジス青年のキャンプにボランティアを募ります
|■編集室より

==================================================================


■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■新着情報■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

以下の情報は、それぞれの団体にお問い合せ下さい。



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■1■ その他の地域 夏の国際ボランティアワークキャンプinスリランカ
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

スリランカ農村部にて、ホームステイをしながらのボランティアワーク。観光
では味わえない、生のスリランカ体験です
●募集にあたっての条件:
不登校、ひきこもり経験者を含む全ての若者
●費用:
21万円(成田空港からの往復渡航費、滞在費、現地プログラム費、諸経費を含
みます)
●活動内容:
◆スリランカ ボランティアワークキャンプ
◆「労働の分かち合い」を通して農村の開発を行っているNGOサルボダヤの全
面的バックアップにより、のどかな村でホームステイをしながら、村人ととも
に、灌漑用水路作りなど様々な活動を行います。また、スタディートリップで
は世界遺産にも指定されたジャングルの中のシギリア遺跡も訪れる予定です
◆期間:2003年9月4日(木)〜9月18日(木)
◆場所:スリランカ(モラトワ及び、サルボダヤ関連の村)
◆定員:20名程度(定員になりしだい締め切ります)
◆主催:good! 〜the Global Organization Of Dreamers!〜
◆協力団体:サルボダヤ(アジア最大規模のNGO)
good!とは・・・不登校、ひきこもり経験者を含む「若者」を対象に、キッカ
ケづくりを応援する団体です。現在は主にアジア圏でのワークキャンプを行っ
ています。
●お問い合わせ先:
good!東京オフィス Tel&Fax:03-3973-1631 E-mail:gdwcp@ybb.ne.jp
HP:http://www.geocities.jp/gdwcp/ gdwcp@ybb.ne.jp
http://www.geocities.jp/gdwcp/


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■2■ 京都市全般 京都市障害者授産所 1泊旅行支援
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

三重県、鳥羽水族館、スペイン村などの観光の支援をしてください
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
特になし
●活動内容:
京都市障害者授産所では1泊旅行へ行きます。三重県の鳥羽水族館、スペイン
村などの観光の支援をしていただける男性ボランティアを探しています。
◆日 程: 9月4日(木)〜5日(金) 1泊2日
◆集合時間:京都市伏見障害者授産所 午前8時
◆解 散:午後7時頃の予定
◆活動内容 三重県、鳥羽水族館、スペイン村などの観光の支援。車イス介助
、食事の支援、見守りなど。事前に顔合わせ、あります。
◆条 件: 男性
◆募集人数: 2名
◆経 費:交通費、経費依頼者負担
◆場 所:伏見区紙子屋町544 京阪、近鉄「丹波橋駅」下車
●お問い合わせ先:
京都ボランティア協会 京都市下京区河原町五条下る東側
「ひと・まち交流館 京都」1階
電話 075(354)8714 Fax 075(354)8715
kyoto-v@zeus.eonet.ne.jp http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-v/


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■3■ 下京区 祗園祭と近代(講座番号4)
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

生活者の視点から
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
受講料:1.000円
●活動内容:
◆講師:丹羽結花(京都工芸繊維大学助手)
 祇園祭は当初から現在のスタイルだったわけではありません。時代とまちの
 変遷とともに変わっていった祭についてお話しします。
◆開催日時:9/27(土)14:00〜16:00 
◆定  員:100名 申し込み方法
■ハガキによる申込み
 ハガキに次の事項をご記入のうえ下記まで郵送してください。
 1.希望受講講座番号・講座名  
 2.氏名(ふりがな) 
 3.住所 
 4.電話番号 
■FAX、e-mailによる申込み次の事項をご記入のうえ下記まで送信してくださ
 い。
 1.希望受講講座番号・講座名 
 2.氏名(ふりがな) 
 3.住所 
 4.電話番号 
・講座当日の5日前までにお申し込みください。(ハガキは必着でお願いしま
 す。)
・定員に余裕がある場合は当日も受け付けますので、お問い合わせください。
・有料の講座は、当日、受付にて受講料をお支払いください。
●お問い合わせ先:
景観まちづくりセンター  
〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
(河原町五条下る東側)『ひと・まち交流館 京都』地下1階
TEL:075-354-8701 FAX:075-354-8704 machi.info@hitomachi-kyoto.jp
http://machi.hitomachi-kyoto.jp


■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■4■ その他の地域 アメリカでNPOキャリア準備プログラムに参加
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

約2ヶ月のインターンシップと週1回の報告会と就職活動の講座に参加。
●募集にあたっての条件:
大学生以上、NPOやボランティアに興味関心のある方。
●費用:
参加費1500ドル、選考料2000円
●活動内容:
これはアメリカのNPOへの就職準備のための連続講座とNPOの現場を体験するた
めのインターンシップを組み合わせたプログラムです。「NPOの先進国アメリ
カ」のなかでも、とりわけNPO活動が活発なサンフランシスコ周辺地域にあるN
POで2ヶ月のインターンシップをアレンジ。他の参加者とともに、毎週行われ
るインターン・ミーティングと就職準備連続講座で、専門分野の英語、ビジネ
スマナー、就職活動に必要なスキルを身につけ、ネットワークを作るチャンス
です。
<実施概要>
▼実施場所:米国サンフランシスコ・ベイエリア
▼実施期間:2003年9月25日〜11月21日
▼定  員:15名
▼参加対象:NPOやボランティア活動に関心がある方。将来NPOでの就職を希望
する方。
▼資  格:仕事に対する意欲や熱意、能力があること。
      TOEFL 550点(CBT213点)、TOEIC 800点、英語検定1級または派
      遣先のNPOでインターンとして仕事をするために英語でコミュニ
      ケーションをとれること。
▼参 加 費:1500ドル(注)参加登録時から受入決定後の渡米までの指導、現
      地研修費のみ。
▼選 考 料:2000円(注)選考料は、事務手数料で払い戻しはいたしません。
▼参加手続:JPRNホームページを参照下さい。
▼参加申込締切:第1次締切:2003年7月18日必着
      (特典:参加費が5%ディスカウント)最終締切:8月1日



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■5■ 京都市全般 手話スクール
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

それぞれのレベル別に手話を指導
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
受講料:7500円(全10回)
●活動内容:
手話スクール第13期受講生募集
◆開催期間:2003年9〜11月(9月第3週開講予定)
◆会  場:京都市障害者スポーツセンター、
      自立支援センター「きらリンク」
 Aコース・・水曜日AM10〜12。手話全く初めての方
 Bコース・・水曜日PM6:30〜8:30。ごく初歩的な手話できる方
 Cコース・・木曜日AM10〜12。簡単な手話の会話はできる方 
 Dコース・・水曜日AM2〜4。ある程度手話だけで会話できる方
 Eコース・・木曜日PM2〜4。簡単な手話通訳はできる方
    各コースとも全10回。7500円。
◆申し込みは、お名前(フリガナ)、ご住所、TEL、FAX、Email、手話歴、希
 望コースを明記の上で、8月31日までに下記へ。
(定員に達さないコースは中止することもあります)
●お問い合わせ先:
FAX 075-712-1709 Email kdnw@mx2.wt.tiki.ne.jp
kdnw@mx2.wt.tiki.ne.jp 



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■6■ 左京区 宿題をいっし?しようね会[1]
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

自由研究の相談をしてみるのもいいかもしれないよ。
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
特になし
●活動内容:
自由研究の相談をしてみるのもいいかもしれないよ。守る会のお兄さん、お姉
さんやそのお友達が先生になってなんでも教えてくれるよ。続けて、遊んだり
製作活動をしたい人はお昼の用意をしてきてね!お友だちもさそってみんなで
来てね
*4日には、お母さんたちのために待ち時間を利用して、ヘアメイクについて
のメニューを考えています。ファッションショーでお手伝いしてくれた美容師
さんが来てくれていろいろお手伝いしてくれますよ
<時間> 10:00〜12:00
<場所> 京都葵教会
●お問い合わせ先:
心臓病の子供を守る京都父母の会「パンダ園」
〒606−0803 京都市左京区下鴨下川原町30 京都葵教会内
TEL:075-712-5949 FAX:075-712-5949



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■7■ 下京区 江戸時代における京(みやこ)の町人と自治(講座番号3)
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

公儀権力下の権利と義務
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
受講料:1.000円
●活動内容:
講師:丸山俊明(住環境文化研究所代表)京都の町人たちは公儀権力の下でそ
れをうまく利用しながら自分たち独自のまちをつくりだしてきました。彼らの
知恵とはいったいどんなものだったのでしょうか。
◆開催日時:8/23(土)14:00〜16:00        
◆定  員:100名申し込み方法
■ハガキによる申込みハガキに次の事項をご記入のうえ下記まで郵送してくだ
 さい。
 1.希望受講講座番号・講座名  
 2.氏名(ふりがな) 
 3.住所 
 4.電話番号 
■FAX、e-mailによる申込み次の事項をご記入のうえ下記まで送信してくださ
 い。
 1.希望受講講座番号・講座名 
 2.氏名(ふりがな) 
 3.住所 
 4.電話番号
 ・講座当日の5日前までにお申し込みください。(ハガキは必着でお願いし
  ます。)
 ・定員に余裕がある場合は当日も受け付けますので、お問い合わせください
 ・有料の講座は、当日、受付にて受講料をお支払いください。 
●お問い合わせ先:
景観まちづくりセンター
〒600-8127京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
(河原町五条下る東側)『ひと・まち交流館 京都』地下1階
TEL:075-354-8701 FAX:075-354-8704 machi.info@hitomachi-kyoto.jp
http://machi.hitomachi-kyoto.jp



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■8■ 山科区 障害のある人たちの地域生活支援講座
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

福祉のまちづくりのあり方、障害をもつ人たちとのかかわり方を考えてみませ
んか?
●募集にあたっての条件:
障害福祉に関心のある方ならどなたでも
●費用:
無料
●活動内容:
知的障害自閉症・・・? 最近良く耳にするけど何?障害のある人たちと、
どう接すればいいの? 何かお手伝いしたいけど、どこで何をすればいいの?
支援費制度に変わったけど、具体的に何が変わったの? 
この講座は、そういった「何?」「どうすれば?」の視点から、障害のある人
たちが住みやすいまちは、誰もが住みやすいまちであると考え、福祉のまちづ
くりのあり方を考えると共に、多くの方に知的障害自閉症という個性とその
人たちとのかかわり方のヒントを学んでいただき、障害のある人たちへの理解
を広げていただくきっかけになればと考えています。
障害のある方、障害のある方と共に生きる家族、そして実際にサービス提供を
されている方々をむかえ、それぞれの立場から「地域生活」についてお話をし
てもらいます。
◆〔とき〕
 第1回 平成15年7月26日(土) 午後2時〜4時    
 第2回 平成15年8月 2日(土) 午後2時〜4時
◆〔ところ〕山科合同福祉センター2階(山科図書館があるところ)
 〒607−8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34−1
◆〔参加費〕無料
◆〔参加対象〕障害福祉に関心のある方ならどなたでも参加OK
●お問い合わせ先:
東部地域生活支援センター
〒607−8088 京都市山科区竹鼻地蔵寺南町2−1 TEL&Fax:075−591−8856
toubusc@mbox.kyoto-inet.or.jp



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■9■ 京都市全般 京都国際学生映画祭2003 スタッフ募集
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画を上映・紹介する若手スタッフの育成にも力を入れています
●募集にあたっての条件:
学生、留学生、社会人 (英語の翻訳スタッフに関しては、英検2級以上、も
しくは同レベル以上の資格をお持ちの方、もしくは十分にやる気のある方)
●費用:
特になし
●活動内容:
◆活動場所:キャンパスプラザ京都 (財)大学コンソーシアム京都内 
      京都国際学生映画祭事務局 (準備期間中)
◆活 動 日: 月2回〜 (応相談)
◆翻訳スタッフ(翻訳・通訳/上映作品への英語字幕制作・付記、
      海外ゲストのアテンド・通訳、カタログなど印刷物の翻訳)
◆会場運営(映画祭当日の会場整備、スケジュール)
◆企画/「京都企画」、「招待作品」、その他の企画のプログラミング
◆その他(京都国際学生映画祭2003のWebをご覧下さい。)
      京都国際学生映画祭2003では、10月、11月に開催に向けて、会場
      運営のスタッフ、翻訳のスタッフなどを募集しております。ご不
      明な点は、どうぞEメール、お電話にてのお問い合わせ下さい。
●お問い合わせ先:
京都国際学生映画祭2003運営委員会事務局
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る キャンパスプラザ京都
(財)大学コンソーシアム京都内 京都国際学生映画祭事務局
TEL / 075-353-9430  090-3872-5834  代075-353-9100
(財)大学コンソーシアム京都 FAX / 075-353-9101
e-mail / eigasai@consortium.or.jp eigasai@consortium.or.jp
http://www.consortium.or.jp/~kisfvf2003/



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■10■ 京都市全般 国際ボランティアリーダー会 2003年度新会員募集
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

京都YMCAの国際事業をサポートするボランティア募集
●募集にあたっての条件:
18才以上の方(性別、職業、国籍問わず)
●費用:
月100円(雑費として)
●活動内容:
◆Q1 国際ボランティアリーダー会の活動内容は?
  国際関係に関わるボランティア活動です。現在は京都YMCAの日本語科で学
  ぶ就学生との交流や、国際協力募金のサポート・参加、日本文化体験など
  を行っています。企画の立案、実行から会の運営まで自分達で行っていま
  す。
 <活動例>・就学生との交流−スポーツ大会、「日本語空間」(自由におし
 ゃべりやゲームなどをしながら交流)、「朝まで語ろう」(1泊2日でユース
 ホステルに泊り交流)など。
 ・国際協力募金−京都YMCAが主催する街頭募金において、募金に関わる掲示
  物(貧困、南北問題についてなど)の制作。当日募金への参加。
 ・その他 日本文化体験では座禅、そばうちを体験。またリーダー会内で勉
  強会を開いたりしています。
◆Q2 活動拠点は?
  京都市中京区にある京都YMCAです。京都の中心地で、河原町や四条もすぐ
  近くです。地下鉄の御池、四条、あるいは阪急の河原町、四条烏丸から徒
  歩10分ぐらいのところにあります。
◆Q3 構成メンバーは?
  京都、大阪に住む大学生が中心で、社会人も数名おり現在27名ほどで活動
  しています。年齢、性別、国籍を超えた様々なメンバーがいます
●お問い合わせ先:
京都YMCA(中京区三条通柳馬場角三条本館)
電話番号:(075)231−4388 FAX:(075)251-0970 
kyotoymcaivl@geocities.co.jp 
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/1838/



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■11■ 上京区 秋の音楽祭の行事支援
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

上京区「ふれあいサロン上京」で実施の精神障害者と地域住民とのレクリエー
ションの支援をしてください
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
特になし
●活動内容:
上京区「ふれあいサロン上京」で実施される精神障害者と地域住民とのレクリ
エーション「秋の音楽祭(カラオケ)」を手伝ってください。
◆日 程:10月8日(水) 午前10時〜午後4時
◆内 容:カラオケの準備、後片付け、一緒にカラオケを楽しんでくれる方
◆場 所:ふれあいサロン上京 (堀川今出川)
◆経 費:交通費、昼食、依頼者負担
●お問い合わせ先:
京都ボランティア協会京都市下京区河原町五条下る東側
「ひと・まち交流館 京都」1階
電話  075(354)8714Fax 075(354)8715
kyoto-v@zeus.eonet.ne.jp http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-v/



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■12■ 北区 北山ハロウィン・フェスティバル2003 
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

一緒にハロウィンを盛り上げてくれる学生ボランティア募集
●募集にあたっての条件:
大学生
●費用:
特になし
●活動内容:
毎年10月に京都・北山で行われるハロウィン・フェスティバルを一緒に楽しみ
ませんか
◆日時:2003.10.18(sat.)〜10.19(sun.)9:00頃から
◆会場:北山周辺   
◆主催:北山協同組合ハロウィン事務局
 カボチャ彫り・仮装行列と犬のパレード・子ども達の植物園遠足・北山アー
トフェスタ(アートギャラリー・カフェライブなど)様々なイベント、準備・
後片付けに至るまで当日お手伝いしてもらえる学生ボランティアを募集します
このイベントの企画・運営を北山の商店街と共に進める私たち『kyoto学生グ
ループChao! carry bus.』と一緒にハロウィンをもりあげましょっ
●お問い合わせ先:
kyoto学生グループ Chao! carry bus. 中山 瞳(京都精華大学)
TEL:090-5672-5461 E-mail:n.hitoa@nifty.com n.hitoa@nifty.com
http://www.kitayama.or.jp



■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■13■ 京都市全般 筋ジス青年のキャンプにボランティアを募ります
■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

一泊二日のキャンプでキャンプスタッフ、介助ボランティアを募集しています
●募集にあたっての条件:
特になし
●費用:
必要経費は募集者側で負担
●活動内容:
鳴滝ネットワークという筋ジストロフィーの青年たちが自分たちで作った会の
主催で、今年で3回目のキャンプを行います。場所は、アクトパル宇治です。
キャンプファイアー、野外料理などで楽しく過ごします。
キャンプスタッフとして、あるいは、生活全般の介護などで協力が必要です。
大学生や社会人のボランティアの援助で今年も成功させたいと思っています。
メンバーの参加数は、10名から15名くらいになると思います。福祉タクシーな
どを借りて現地まで行くことになると思います。締め切りは、8月27日でお願
いします
●お問い合わせ先:
TEL075−703−7766(FAXとも)、携帯090−8651−3972(永井)まで
EZF04412@nifty.ne.jp http://homepage2.nifty.com/narune/




■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■編集室より■
■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 大文字の送り火も終わり、学生の方は夏休みも終わりに近づきました。社会
人の方はお盆休みはゆっくり出来ましたか?
 i-Ten-Laboのホームページはこの夏、開設以来10万アクセスを達成し、こ
れも皆様のおかげと感謝しています。
 Vメールも皆様にもっと読んでいただけるようにリニューアルを企画してい
ますので、どうぞお楽しみに!

==========================================================
■このメールの登録・解除に関しては、
 インターネットの本屋さん『まぐまぐ』で行って下さい。
   http://www.mag2.com/
 (まぐまぐマガジンID:0000011232)
==========================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
●電子メールマガジン「京都ボランティアメール」2003/8/20
発行元:i-Ten-Labo
〒600-8127
京都府京都市下京区梅湊町83-1ひと・まち交流館
京都市市民活動総合センター内
http://www.kyoto-v.com/
電子メール:office@kyoto-v.com
発行責任者:小野貴志 編集:本田昌美
●このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
 発行しています。( http://www.mag2.com/ )
【京都ボランティアメールは内容を変更しない限り、配布自由です!】
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=53

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >