トップページ > i-Ten-Laboについて > NPO情報

[京都新聞2006年7月31日]第8期自然エネルギー学校の受講生募る −京エコロジーセンター

 京都市伏見区の京エコロジーセンターはこのほど、自然エネルギーの利用や普及について学ぶ「第8期自然エネルギー学校・京都」受講生の募集を始めた。これまでに200人を超える市民らが参加し、それぞれ環境に関する取り組みを進めており、今回も幅広い参加を呼びかけている。

情報登録日:2006-08-03 09:03:55 (m_ayabe)

 今期は、8月26日から来年1月までの全6回を予定。原則全回参加できる先着30人。参加費1万4000円(宿泊費など含む)。希望者は気候ネットワークTel:075(254)1011へ。

 同学校は1999年度に始まり、現在は同センター主催で、環境団体が企画運営している。参加者は施設見学やワークショップを通じ、太陽光や風力などの自然エネルギーに理解を深める。

 受講後、学習の成果を実践する人も多い。京都市西京区の2期生細井勝さん(64)は自宅で雨水利用を始め、独自にタンクや配管を設けてトイレの水洗や池などに活用している。「会社勤めが長く、幅広い年齢の人と学ぶ場が新鮮だった」という大阪府枚方市の5期生中村正紀さん(65)は現在、NPO法人(特定非営利活動法人)ひらかた環境ネットワーク会議の「ひらかた自然エネルギー学校」に携わる。

リンク京エコロジーセンター

リンクNGO気候ネットワーク


関連する情報help

キーワード自然エネルギー学校にマッチする情報

関連書籍


コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=672

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >