トップページ > i-Ten-Laboについて > NPO情報

[京都新聞2006年08月01日]養護学校生、ウインドサーフィンに挑戦−琵琶湖 大学生の指導受け

 滋賀県近江八幡市牧町の琵琶湖で1日、養護学校の生徒にウインドサーフィンを教える「サマースクールin琵琶湖」が開かれた。

情報登録日:2006-08-03 10:35:40 (m_ayabe)

 普段、経験できないことを生徒に体験させたいという京都市内の養護学校教諭の依頼を受け、近江八幡市内でウインドサーフィンクラブ「ウェブビーチクラブ」を経営する矢谷守弘さん(53)らが、ボランティアで実施した。

 参加したのは、この教諭が教える養護学校高等部の生徒9人。アテネ五輪のヨット競技日本代表の見城元一さん(37)・雅子さん(39)夫妻をはじめ、京都大、滋賀県立大の学生ら約20人が講師を務めた。

 生徒たちは、当初は、水の中に何度も落ちたが、約30分ほどで全員がボードの上で立てるようになった。見学していた保護者からは「すごい。すごい」「上手だよ」と声が上がっていた。


関連する情報help

キーワード養護学校 琵琶湖にマッチする情報

関連書籍



コメント


コメントを書き込む 初めて書き込む方は注意書きをお読みください

タイトル:
コメント:

トラックバックhelp

この記事のトラックバックURL : http://www.i-ten-labo.info/trackback.php?id=675

< 前の記事へ |現在のカテゴリへ| 次の記事へ >